サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

日本アニメ

1/12ページ
  • 2022.12.14

2022年秋アニメシーズンの大勝利と大敗北はこれだ

素晴らしさが目立つアニメもあれば、そうでないアニメもあります。2022年秋シーズンのベストとワーストのタイトルを紹介しましょう。 アニメの新シーズンが始まるたびに、ファンにとってはたまらない作品が目白押しになります。オリジナル作品であれ、待望のアニメ化作品であれ、アニメの新シーズンが始まるということは、興奮に備え心の準備をすることでもあります。 しかし、残念ながら、すべての作品がその期待に応えてく […]

  • 2022.12.13

2022年秋アニメのスリーパー(後にヒットする商品[映画])・ヒットは『ぼっち・ざ・ろっく!』だ

2022年秋のアニメシーズンにひっそりと登場した『ぼっち・ざ・ろっく!』でしたが、その人気は急上昇しています。 この秋のアニメシーズンには、たくさんの素晴らしい作品が放送されていますが、当初は多くの視聴者の目に留まらなかったアニメのひとつが『ぼっち・ざ・ろっく!』です。 このアニメは、『チェンソーマン』、『SPY×FAMILY』、『モブサイコ100 III』といった今期の人気作に匹敵する、今期のダ […]

  • 2022.12.12

『ぼっち・ざ・ろっく!』のバンド名解説

『ぼっち・ざ・ろっく!』では、主人公たちが所属するKessoku Band(結束バンド)が登場しますが、その名前の意味するところは何でしょうか? 『ぼっち・ざ・ろっく!』は、後藤 ひとり(ごとう ひとり)、伊地知 虹夏(いじち にじか)、山田 リョウ(やまだ リョウ)、喜多 郁代(きた いくよ)の4人からなる結束バンドを追ったものです。 しかし、このバンド名にはどんな意味が込められているのでしょう […]

  • 2022.12.11

『農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。』(以下『農スキ』):アルの幼少時代が明かされる。

アルと同じ村に住む幼なじみのテスタのことはファンの間では知られていますが、第9話ではアルが大切に思っているもう一人の幼なじみの存在が明らかになりました。 ーー 注意 ーー 以下、HIDIVEで配信中の『農スキ』第9話「アルの過去」のネタバレを含みます。 困っている人を無視できない気高い性格のアル・ウェインについては、『農スキ』のファンならおなじみですが、第9話「アルの過去」では、農業を愛する主人公 […]

  • 2022.12.10

他のバレーボールアニメ・マンガと比較して、『ハイキュー!!』が根強い人気を誇る理由とは?

バレーボールアニメは数十年にわたり数多く発表されていますが、中でも大人気の『ハイキュー!!』は群を抜いています。その理由を紹介しましょう。 バレーボールをテーマにしたアニメやマンガは数多くありますが、その多くは古舘 春一(ふるだて はるいち)氏の『ハイキュー!!』には到底及びません。 『ハイキュー!!』は、競合他作品とは一線を画す方式を採用しているようです。他のバレーボール作品と比べて、この特別な […]

  • 2022.12.09

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の(作品内での)「GUND-ARM」(以下ガンダム)CMは完璧なまでに平凡

ガンダムの最初のプロモーションビデオは、編集も演出も稚拙で、制作した生徒たちを理想的に表現しています。 ーー 注意 ーー 以下、Crunchyrollで配信中の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』第8話「彼らの採択」のネタバレを含みます。 第8話では、ガンダム社初のプロモーションビデオがアニメ内で放映されました。いかにも高校生が作ったビデオらしく、すこぶる平凡な出来栄えです。しかし、このCMには印象的 […]

  • 2022.12.08

50年経っても『マジンガーZ』のパワーは変わらない

50年前の今日(1972年12月3日)、永井 豪(ながい ごう)氏の『マジンガーZ』がデビューしました。 そして、この作品は巨大ロボットアニメ、そしてアニメの世界を大きく変えることになりました。 今日、世界中のファンがこのアニメの残した遺産を祝っています。そしてそれは、とんでもない遺産なのです。 この作品が成し遂げたことをすべて説明しようとすると、一日中このサイトにいることになります。 そこで、こ […]

  • 2022.12.07

『異世界おじさん』は、時すでに遅しなのか?

『異世界おじさん』にとって、時間は最重要ポイントであり、このアニメの制作の遅れによって、ヒット作になる可能性はなくなってしまったと思われます。 『異世界おじさん』は、飽和状態となりつつある異世界系のジャンルに新鮮な風を吹き込み、好評を博していました。同名のマンガを原作とするこの作品は、異世界系のお約束とビデオゲームのマニア要素をうまく組み合わせた作品です。 一見うまくいっているように見えましたが、 […]

  • 2022.12.06

『うる星やつら』(2022年)はリブートの成功例

『うる星やつら』は、他のアニメのリブートが失敗する中、80年代の名作アニメを見事にリブートし、原素材への愛情が感じられることで成功させました。 2022年には、いくつかのヒットアニメが生まれましたが、そのうちのひとつに、古い有名作を新しくアレンジしたものがあります。 『うる星やつら』は、アニメ史に残る最も象徴的な作品の一つであり、オリジナル作は、ちょうど日本国外に広く視聴者を獲得し始めたばかりのア […]

  • 2022.12.05

『陰の実力者になりたくて!』:凡人の剣のアレクシア姫

戦闘スタイルは似ていますが、アレクシア姫は凡人の剣としてのシドとは、剣術に対する考え方が大きく異なります。 ーー 注意 ーー 以下は、HIDIVEで配信中の『陰の実力者になりたくて!』1期のネタバレを含みます。 『陰の実力者になりたくて!』におけるシド・カゲノーと王女アレクシア・ミドガルとのダイナミックでありそうもないパートナーシップは、ディアボロス教団との不幸な出会いを含め、多くの刺激的で劇的な […]

  • 2022.12.04

なぜ、アニメには記憶喪失のキャラクターが多いのか?

記憶喪失の主人公は、普遍的なプロットとして人気がありますが、様々なジャンルの有名なアニメでもよく使われています。そしてそれには理由があります。 ジャンルやターゲット層を問わず、アニメ業界全体には、いくつかのお約束的設定が存在します。その最も一般的なものの1つは記憶喪失で、主人公や副主人公が作中の何かのイベントの前に記憶を失ってしまうというものです。 このストーリー進行の仕組みは、いかにも陳腐に見え […]

  • 2022.12.03

『うちの師匠はしっぽがない』と落語アニメの人気

『うちの師匠はしっぽがない』は、落語の知名度を上げることに成功したアニメですが、それはこのアニメだけではありません。 この秋に放送されている数多くのアニメの中で、『うちの師匠はしっぽがない』は、いくつかの理由で人々の注目を集めました。 『うちの師匠はしっぽがない』は、この秋に放送されている数少ない時代劇のひとつですが、この作品が際立っているのは、落語を題材にした時代劇であることです。 『うちの師匠 […]

  • 2022.12.02

『BLEACH 千年血戦篇』 第8話レビュー。零番隊、見参!

一護は二度目の刀を失いましたが、今回は前回よりもずっとひどい状態でした。『BLEACH 千年血戦篇』 第8話では、クインシーによるソウル・ソサエティへの侵攻の余波が見られます。さっそくレビューしていきましょう。 『BLEACH 千年血戦篇』第8話 概要 『BLEACH』について、これまで語られていないことがあるでしょうか? 日本で最も人気のあるアニメの一つであり、アニメというメディアを普及させた一 […]

  • 2022.12.01

『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』:魔導士は皇国の隠れた暗黒面をどのように表現しているか

エレファス・レヴィは、偏見と虐待から魔導士の一族を救うために、アイリーンとクロードの助けを必要としています。寛大なアイリーンはすでに仕事に取り掛かっています。 『悪役令嬢』は、2022年秋の乙女ゲーム・異世界アニメです。アイリーン・ドートリッシュと魔王クロードの健全な恋愛がメインストーリーですが、『悪役令嬢』では、魔物や魔導士、陰謀を企む教会に関する魅力的なサイドプロットによって、物語を拡大し深化 […]

  • 2022.11.30

『SPY×FAMILY』1期第21話「〈夜帷(とばり)〉/はじめての嫉妬」あらすじ&ネタバレ感想

夜帷(とばり)という新たなスパイが別々に進行するミッションのため黄昏(たそがれ)と合流しますが、彼女は危険な下心を持っていました。 ここでは、『SPY×FAMILY』のネタバレ満載のあらすじを紹介します。 ーー 注意  ーー 以下、Crunchyrollで配信中のスパイ×ファミリー 1期第21話「〈夜帷(とばり)〉/はじめての嫉妬」のネタバレを含みます。 「〈夜帷(とばり)〉」では、ハンドラーこと […]

  • 2022.11.28

『ブルーロック』をイメージした日本代表のユニフォームが勝利したことでアニメファンを感動させる

ワールドカップでは、日本が優勝候補のドイツに『ブルーロック』のファンにとってなじみのあるプレースタイルで、大逆転勝ちをおさめ、『ブルーロック』がリアルであることが証明されました。 ワールドカップで4回優勝のドイツに劇的勝利した日本代表は、『ブルーロック』の力を味方につけました。 ドイツに1点リードされた日本は、後半、8分間で2点を奪い、衝撃的な逆転劇を演じました。HITC(イギリスのニュース系ウェ […]

  • 2022.11.26

異なるアニメスタジオが同じプロジェクトでコラボレーションすることはあるのか?

アニメスタジオは、同じ作品に共同で制作する事があるのでしょうか。その場合、どのような理由で協力しているのでしょう? またそれは、業界にとって有益なのでしょうか? 有名なアニメを制作しているスタジオはたくさんあります。ウィットスタジオ(WIT STUDIO)は、大ヒットアニメ『進撃の巨人』の第1期から第3期までを制作し、『ユーリ!!! on ICE』はMAPPAを世に知らしめることに貢献しました。 […]

  • 2022.11.23

パンデミック(世界的大流行の感染病)により大きな影響を受けたアニメの声優業界

アニメ声優業界は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による変化に対応することができましたが、その過程では多くの浮き沈みを経験することになりました。 アニメの視聴者に愛されるさまざまな物語に命を吹き込むのは、声優業界です。一発芸から主人公まで、アニメの制作に参加する声優の一人ひとりが物語に影響を与えます。 かつては、声優といえばスタジオに出向いて収録するのが一般的でした。しかし、パンデミッ […]

  • 2022.11.22

『ヴィンランド・サガ』:アシェラッドの “恥ずべき “決断にもかかわらず、後にファンを魅了した理由とは?

『ヴィンランド・サガ』のアシェラッドは、トールズの死をもたらした事によって軽蔑される(悪役的)存在でした。 しかし旅をつづけるうちに、トルフィン同様に魅力的な事が分かり、(最後には)悪役と真逆でファンに好かれる存在になりました。 『ヴィンランド・サガ』の第1期は、トルフィンが復讐、受け入れ、葛藤の旅をしながら、父トールズの死の敵討ちのために強さと技を成長させようとする姿を描いています。 彼の復讐劇 […]

  • 2022.11.19

『ワカコ酒』(ワカコざけ)は、視聴者を食の楽園に誘う。

村崎 ワカコ(むらさき ワカコ)は26歳のサラリーマン。一日の仕事を終えたら、おいしい食事とお酒を楽しむのが日課です。 『ワカコ酒』は、2011年に新久 千映(しんきゅう ちえ)氏によってマンガ連載され、その後2015年にOffice DCIによって短編アニメとして映像化された作品です。 1話3分で、26歳のサラリーマン・村崎 ワカコの日々の食の冒険が描かれています。 仕事を終えた彼女は、街へ繰り […]

1 12