サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

One Piece

One Piece


あらすじ

ゴール・D・ロジャーは海賊王と呼ばれ、グランドラインを航海した最強かつ最も悪名高い海賊であった。世界政府によるロジャーの捕獲と死は、世界に変化をもたらした。彼が死ぬ前に発した最後の言葉によって、世界最大の財宝「ワンピース」の在処が明らかになったのだ。この言葉によって、海賊の大時代が到来した。彼らは、無限の富と名声を約束する「ワンピース」を見つけること、そしてそれを見つけた者が海賊王という最も憧れる称号を得ることを夢見たのである。

モンキー・D・ルフィは、一般的な海賊の定義を覆すような17歳の少年である。ルフィが海賊になった理由は、「ワクワクするような冒険がしたい」「新しい魅力的な人に出会いたい」「ワンピースを見つけたい」という純粋な思いからである。幼い頃のヒーロー、シャンクスの足跡をたどりながら、ルフィたちはグランドラインを横断し、とんでもない冒険を体験し、暗い謎を解き明かし、強敵と戦いながら、ワンピースを目指していくのである。

マンガとの関係

アニメ「ワンピース」は、他の長寿アニメと比べても特に原作に忠実で、漫画のほぼすべての内容を意図的な矛盾を最小限に抑えて脚色している。このアニメは漫画の要素の多くを変更し、アレンジしている(まれに削除している)が、それは通常、時間または内容評価のために行う。そのような変更が後に漫画によって確立された材料と矛盾する場合、それはデフォルトで無視され、漫画が優先される。シリーズが長いため、しばしばフラッシュバックで語られる回想エピソードや、後に新しいアニメーションで語られるエピソードがある。

オリジナルコンテンツ

漫画からの最大の逸脱として、東映は漫画の基本設定とキャラクターを使った相当量のオリジナルストーリーを制作している(ファンの間では一般的にフィラーと呼ばれている)。これらは1話から数話のアークで構成されている。ほとんどはマンガの連続性と調和するように書かれているが、具体的な影響はない(実際、他のアニメオリジナル作品から参照されることもほとんどない)。これらのアークとエピソードの完全なリストはこちらで見ることができる。

標準的なテレビアニメとは別に、東映はエピソード番号と放送スケジュールの外にある、多くの独立したワンピース作品を制作している。これらは以下の通りである。

14本の劇場用映画

伝統的にゴールデンウィークに公開されていたが、第10作目以降はより不定期な公開となり、尾田栄一郎がより直接的に貢献するようになった。

第2作、第3作、第5作にそれぞれ収録された3つの長編映像。
テレビスペシャルは13本で、2つのカテゴリーに分類される。
1時間のスペシャル番組が4本。すべてオリジナルストーリーで、通常の放送時間帯(季節の学校の休みと重なる)に放送される。
2時間スペシャル9本:オリジナルストーリーと漫画の再アレンジを組み合わせたもので、通常放送の前の日に放送されます(通常、学校の休みと重なる)。
様々なオリジナルビデオアニメーション(OVA)は、通常、個々の映画のタイアップとして提供される。

イベントやアトラクションで上映される「展示用ショートフィルム」。
テレビアニメの映像の使いまわしを中心に、ある程度オリジナルな内容で構成された総集編。
一般的に、これらの独立した作品は、より広い連続性に適合するように緩い試みしか行わず、常に「通常の」アニメ(フィラーまたはそれ以外)とは別の家庭用リリースが与えられる。



スタッフ・クレジット

アニメーションディレクター

アニメーションの制作において、アニメーションの工程全般を担当するのがアニメーション・ディレクターである。キャラクターデザイン、キャラクターアニメーション、アクション、シーケンスなど、アニメーションのあらゆる側面を担当する。アニメーションディレクターは、与えられた時間と予算の制限内でプロジェクトを完成させなければならない。第430話までで、30人の作画監督がアニメに携わっている。

英語翻訳

このアニメは2004年に4Kids Entertainmentによって初めて公式英語吹き替え版として取り上げられ、4Kidsがライセンスを落とした後、Funimation Entertainmentに権利が移った。Funimationは、サブとダブの両方のエピソードを放送している。また、アニメが放送されている限り、様々なグループがアニメを海賊版で購入し、独自の英語字幕を付けている。

4キッズ

4Kids Entertainmentは2004年6月8日に北米での放送権を獲得し、Cartoon NetworkのToonamiブロックで放送された。4Kidsはこのシリーズをターゲット層により適したものにするため、生々しい暴力、銃器、タバコなどを削除し、エースやスモーカーなど不適切なテーマを参照するいくつかの名前を変更するなど、大幅に編集を加えた。4Kidsの名前の変更、特にゾロを「ゾロ」に変更することは、VIZ Mediaの漫画翻訳に引き継がれ、今日まで続いている。
4Kidsはまた、逆山編など、シリーズの後半でプロットの穴を作ることになるいくつかの編の放送をとばした。最後に、4Kidsは独自のオープニング、ワンピース・ラップを作成し、批評家からは不評だったにもかかわらず、全放送期間を通して使用した。4Kidsは2006年、フィラーであるルルカ島編が終了した時点で配信を打ち切った。

ファニメーション

2007年4月13日にFunimation Entertainmentがアニメの権利を獲得した。2008年から2013年にかけて中断されたものの、Cartoon NetworkのToonamiブロック、後にAdult Swimブロックで放送された。新しい声優陣を迎え、Funimationは最初から吹き替え版を制作した。この時、彼らはオリジナルアニメを打ち切らず、キャラクター名のより忠実な翻訳にこだわった。2013年11月2日、Funimationは英語字幕版のエピソードを日本での放送と同時にサイマル放送を開始した。2013年5月18日、『ワンピース』はAdult SwimのToonamiのラインアップに復帰した。しかし、3年以上の時を経て、2017年3月10日、『ワンピース』が3月18日以降、再びブロックから外されることが発表された。2017年3月18日を最後にToonamiから外された。

2020年12月現在、デジタルベースのPluto TVにサブバージョンが追加され、独自の専用チャンネルが与えられている。

ファンサブ

ファンサブは、ファンがアニメのエピソードを、通常は海賊版によって入手し、独自の字幕を付けて、インターネット上で無料で公開することで発生する。アニメの放送開始以来、様々なファンサブグループが存在し、多くのファンサブが誕生しては消えている。ファンサブのおかげで、公式の字幕や吹き替えにアクセスできない人々、特に自国語の公式字幕がない国でもアニメを見ることができる。しかし、ファンサブの品質は、グループが海賊版を作成するアニメの品質と彼らが提供するサブタイトルの翻訳の品質に大きく依存します。特筆すべきは、ファンサブが「仲間」という言葉の使い方を広めたことで、これは直接的には友人、仲間、乗組員を意味する。しかし、ファンサブを配布することは国際著作権法上違法であり、犯人が逮捕されたり、配布サイトが削除されたりすることもある。

雑学

ワンピースの1話の制作費は10,000,000円(約92,915USドル)である。

日本アニメカテゴリの最新記事