サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』語る、ピッコロの “素晴らしいファイトシーン”

『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』語る、ピッコロの “素晴らしいファイトシーン”


『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』がピッコロの大活躍に太鼓判。

『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』は本来、今週公開される予定でしたが、東映アニメーションのハッキングにより、『ドラゴンボール超ブロリー』の待望の続編は延期されることになりました。ありがたいことに、まだ今年中に全世界で公開される予定なので、宣伝は続きます。少年ファンは、孫悟飯、ピッコロ、そして残りのZ戦士たちが、ヘド博士の新しいアンドロイド、ガンマ1やガンマ2を含むレッドリボン軍と戦うのを見るのが楽しみなのだそうです。

そして今、この映画の出演者の一人が、この映画におけるピッコロの役割を強調しています。少年映画の予告編とプロモで、ピッコロが映画でいかに重要な役割を果たすかをすでにお見せしましたが、今回、宇宙で最も強いナメック星人が映画の重要なキャラクターの一人となることがさらに確認されました。



日本の週刊TVガイドのインタビューで、映画でガンマ2の声を担当した宮野真守は、ピッコロについて多くを語り、キャラクターがピッコロといくつかのやりとりをするようで、宮野は、このキャラクターの声優の古川登志夫に会うのは夢のようだったと語っています。

同アウトレットによると、宮野は『ドラゴンボール超』において、ピッコロが「素晴らしい戦闘シーン」を持っていることを明かしました。この38歳の俳優は、鳥山明の漫画やアニメの長年のファンであり、おそらくこの映画に大きな期待を寄せていることはご存じでしょう。また、宮野は、ピッコロの戦闘シーンでの古川の歌唱力を高く評価しています。

今月初め、映画のプロモの一つで、ピッコロがレッドリボン軍の本部で潜入捜査を行うことが予告されており、そこで彼は犯罪組織の衝撃的な秘密を発見することが予想され、多くのファンはそれがセルの復活であると推測しています。

東映アニメーションはすでに『ドラゴンボール超』の新しい日本での劇場公開日は2022年6月11日であると発表しています。北米などでの公開日がこのシフトの影響を受けるかどうかについては、まだ不明です。

日本アニメカテゴリの最新記事