サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

ホリミヤ アニメレビュー

ホリミヤ アニメレビュー



ホリミヤは、前期の人気恋愛アニメで、好評だった漫画のアニメ化と美しいキャラクタースタイルが注目されました。こののんびりとしたアニメの裏側には、アニメの良し悪しを問うちょっとした論争があった。これが今期の争点になるとは、誰が予想しただろうか。

『彼・彼女たちの事情』のような、学校の友達には内緒の家庭を持つティーンエイジャーのカップルを主人公にしたラブコメディーです。堀は美人で頭がよくて人気者。楽な人生を送っている。宮村は気の弱い男で、一人で抱え込んでしまう。しかし、家では、両親が仕事で忙しいため、堀は弟の世話と家事をこなす母親的存在。一方、宮村は学校にいる時の面影は全くない。外見は、目立つピアスやタトゥーがいくつもあり、想像以上にエネルギッシュだ。街ですれ違ったら、誰だかわからないだろう。

この正反対の二人が惹かれあい、いいカップルになった。彼の不良の正体を知ったとき、私は少女漫画にありがちな恋愛対象だと予想していた。そのタイプは、ただ誤解されているだけの問題児で、主人公の女の子が「解決」してくれる、というものだ。宮村がそうでなかったのは嬉しい驚きでした。彼女はもっと典型的だが、よくできたキャラクターだ。大勢のキャストの中で、この2人が物語の主軸を担っています。脇には堀の弟や両親、抜きん出た同級生が12人いて、その多くが後にカップリングしているなど、盛りだくさんだ。

ホリミヤの核心は、どこまでも気持ちの良いロマンスである。そのため、ドラマが始まるやいなや、すべてがスピードアップして、幸せな時代に戻っていく。冗談ではありません。例えば、序盤に堀と生徒会の対立がある(そもそもこのシーンは正直言って強引だ)。ファイルを忘れたという理由で、生徒会が堀を責めるのだ。そして、何事もなかったかのように、その場は収束していくのです。別の例では、後で嫉妬のポイントがあり、「自分の間違いに気づき、馬鹿にされてから謝りに来るまで口をきかない」というシナリオが設定されています。しかし、いや、それは30秒ほど続くのでしょうか?

これは漫画を切り捨てた結果なのか、それともこうなるべくしてこうなったのか、よくわからない。最終回のエンディングまでの駆け足ぶりを見ると、前者のような気もする。



脇役が切り捨てに拍車をかけている。特に後半のエピソードでは、何人かの学友のコンビにかなりの画面時間を割くために、エピソードがカットされています。13話のシリーズとしては人数が多すぎるため、与えられた時間は長すぎるように感じられる。何人かは気になるかもしれませんが、全員を気にすることはまずないでしょう。これは漫画の問題ではないと思う。

さて、ホリミヤは良いアニメとして、非常によく機能している。呪術廻戦の危険な霊から逃れたいとき、ワンダーエッグプライオリティが自殺ばかりで憂鬱なとき、エクスアームが自殺したくなるとき、ホリミヤはその解毒剤となるのです。むしろ、純粋な良さを求める人には、先に述べたような駆け足の過去劇がプラスに働くかもしれない。

私としては、ところどころでアップダウンを繰り返しています。主人公のカップルとその相性は好きです。彼女の弟も、いいキャラしてます。この手の話でイライラしない数少ない弟の一人。急展開の葛藤と並んで気になるのが、同級生たち。生徒が主役の時は、もう注目しなくなってしまう。面白みがない。それが葛藤につながる。多分、そんなものはなく、「かぐや様は告らせたい」のような純粋なコメディに徹した方がよかったと思う。あるいは、ドラマを作るために登場人物を減らしたのか。

映像や音楽は、私にとって最も重要な役割を担っています。クローバーワークスが全力を挙げて制作していなければ、ホリミヤは旬のアニメの中で素通りしていたかもしれない。キャラクターの線にムラがあるのもいい。

私はホリミヤを全体的に肯定的にとらえている。ただし、漫画から入ったわけではない。ファンの間では賛否両論。

これは、連載を終えた直後に、ネットで意見を読んだ数少ない例です。この漫画は16巻まである。巻数はエピソードより多いが、最終章が最終エピソードの3週間も前に公開され、どちらも同じ終わり方をしている。これを実現するために、アニメでは大幅なタイムスリップが行われている。もちろん、多くの部分がカットされているので、漫画の読者は不満に思っています。私はあまり気にならなかったのですが、他のアニメで体験したことがあるので、共感できます。一方、アニメだけの視聴者は、かなり肯定的だ。

漫画を読んでいる人は、このアニメ化が期待外れで急ぎ足だったようです。漫画を読んでいない人は、これは素晴らしい、これから読もうという感じです。私はその中間です。漫画を消費する気も起きないし、アニメはまあまあ良かったと思う。

日本アニメカテゴリの最新記事