サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

最も長く続いているアニメシリーズは?

最も長く続いているアニメシリーズは?


50年以上にわたって放送され、7,800話もあるにもかかわらず、アメリカの視聴者のほとんどが聞いたことがない最長寿アニメシリーズがある。

サザエさんと忍たま乱太郎
長寿アニメというと、多くのファンが「ワンピース」や「ポケモン」のようなシリーズを思い浮かべるかもしれない。いずれも1,000話以上を誇り、「シンプソンズ」にも引けを取らない。しかし、あまり知られていないアニメがその座に就いており、実際、その差は歴然としている。

最も長く放送されているアニメは『サザエさん』で、北米では50年以上も放送されているにもかかわらず、ほとんどのファンには知られていないようだ。
最も長く放送されているアニメシリーズは『サザエさん』だ。

『サザエさん』は、1946年4月、女性漫画家のパイオニアである長谷川町子による4コマ漫画としてスタートした。地元の福一新聞でデビューし、3年後に朝日新聞で取り上げられ、1974年まで続いた。連載期間は約6,500回。

1969年からはアニメ化され、現在もテレビで放映されている。アニメは毎週8分×3回放送され、その回数は膨大なものとなっている。現在、サザエさんは7,881回を数え、その回数は増え続けている。

サザエさんは長寿アニメであるだけでなく、歴代アニメの中でも最も長い歴史を持つアニメなのだ。その歴史は長い。これは2013年にギネスブックに認定された快挙である。これは2013年にギネスブックに認定された快挙であり、テレビ番組がこれを超えることはおそらくないだろう。

サザエさんとは?

サザエさんは、20代半ばの主婦サザエと、夫、両親、息子、弟妹、ペットの猫という愛すべき家族の日常を描いた作品である。



サザエさんは、長谷川先生が戦後の日本の伝統的な家庭のあり方を体現したものであった。そのため、サザエさん自身は、当時の女性の常識である夫にモテることよりも、乗馬に興味があった。そのため、サザエは夫のためになるようなことはせず、乗馬に熱中し、結婚しても夫に偉そうな態度をとり、近所の人たちからは「普通じゃない」と思われていた。

『サザエさん』は、登場人物が年を取らないことでも知られている。他のアニメもそうだが、『サザエさん』ほど長く放送されているアニメは、それが顕著だ。『銀魂』では、なぜ自分のキャラクターが同じような状況でも年を取らないのか、その理由付けとしてこの表現、論理、アニメがしばしば参照される。

『サザエさん』はシンプルな日常生活コメディだが、その時代の日本人の生活を描くことで、日本の視聴者のノスタルジーを引き起こし、賞賛を集めている。この作品は、現代の技術によって社会が変化する前の、古めかしくも先進的な時代の視点を表現している。そのため、高視聴率番組であり続けている。

2番目に長い歴史を持つアニメは?


2番目に長く続いているアニメは「忍たま乱太郎」だ。1993年から放送され、現在までに2,321話という圧倒的な長さを誇っている。これは、『ワンピース』や『ポケットモンスター』を大きく引き離しているが、『サザエさん』の7,881話には遠く及ばない数字だ。

このシリーズは、乱太郎とそのクラスメートが忍者になるための日常生活を描いている。もし『NARUTO』が主人公の忍者学校時代に重きを置いていたら、こんな感じになっていたかもしれない。もちろん、忍たま乱太郎は小さな子供向けなので、NARUTOのようなダークな展開はないだろう。

日本アニメカテゴリの最新記事