サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

宮崎駿の「となりのトトロ」がロンドン上陸、脚本はロイヤル・シェイクスピア・カンパニー

宮崎駿の「となりのトトロ」がロンドン上陸、脚本はロイヤル・シェイクスピア・カンパニー


1988年に公開された宮崎駿監督のスタジオジブリ作品「となりのトトロ」の舞台化が、数々の賞を受賞した作曲家・久石譲氏とロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)によって進められています。この作品は、インプロバブルと日本テレビの協力のもと、今秋、ロンドンのバービカン・アート・コンプレックスで上演される予定です。

久石譲は、同映画のオリジナル作曲家です。

脚本家トム・モートン=スミス(「オッペンハイマー」)、演出家フェリム・マクダーモット、プロダクションデザイン:トム・パイ、衣装:中野君枝、照明:ジェシカ・フン・ハンユン、動き:山中陽希が担当。本作品にはバジル・ツイストによる人形劇が登場。久石作曲の楽曲はウィル・スチュアートの新しいオーケストレーションでライブ演奏され、サウンドデザイン:トニー・ゲイレが担当する予定です。また、原作アニメーションの企画・制作に携わったスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによる手書きのタイトルなど、アートワークも充実しています。なお、舞台のキャストは近日中に発表される予定です。

成人式での物語は、サツキとメイの姉妹の一夏の生活を描いています。病気で田舎の療養型病院に入院している母のそばにいるため、父親が一家を田舎に引っ越した。メイは不思議な生き物やトトロと呼ばれる森の古代の守り神に出会い、姉妹はやがて冒険の旅に巻き込まれていく。



久石譲は次のように語っている。「日本では、演劇やミュージカルに熱中する人が多いのですが、日本オリジナルのショーやミュージカルが世界で上演されることはないんです。トトロは世界中で有名な日本の作品なので、今回の舞台化で世界の観客に届く可能性がある。そう思って、宮崎さんに『こんな舞台が見たい』と言ったら、『そうだね、君がやるならね』と言われたんです。」

「この責任は重大ですが、世界的に権威のあるロイヤル・シェイクスピア・カンパニーと組むことを選びましたので、彼らのサポートがあれば実現できると思います。RSCのクオリティと宮崎氏の美学には共通するものが多く、RSCがパートナーになったことを嬉しく思っています」と久石は付け加えた。「私はアニメーションの原作に携わっているので、原作を壊したくないという気持ちが強い。この物語が普遍的なものであれば、たとえ文化的背景が異なる人たちが、異なる言語で上演したとしても、世界に通用するはずだ。そう確信したからこそ、日本以外での公開を選択したのです。私にとって、これは重要なことでした。作品と距離を置くことも重要ですが、新しい出会いがあることも大切なんです」

RSC芸術監督代理のエリカ・ホワイマン氏は、次のように語っている。「この深く愛された魔法の物語を舞台化することは、『魔法使いの象』、『ウェンディ&ピーターパン』、そしてもちろん『マチルダ・ミュージカル』など、子どもの目を通して世界を見る、壮大でわかりやすい作品を作るという、我々の長年の取り組みの次の章となるものです。この新しい大規模な委託は、オリジナル映画の忠実なファンだけでなく、幅広い層の劇場の観客を魅了するものと確信しています。」

日本アニメカテゴリの最新記事