サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

異世界の骸骨騎士様が獣をコントロールする謎のブレスレットの手がかりを示す

異世界の骸骨騎士様が獣をコントロールする謎のブレスレットの手がかりを示す


アークは今、奇妙なマインドコントロールのブレスレットを持つ2匹の獣に遭遇し、これらの獣が邪悪な目的に使われていることを確信する。

=注意=
以下、クランチロールで配信中の『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』の第7話「理想に燃ゆる王女に奇跡が舞い降りた」のネタバレを含みます。

『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』は、この異世界で何が起きているのか、新たな手がかりを与えてくれました。
今回は、獣たちが人間を襲うときに身につけている、謎のマインドコントロールブレスレットにまつわる話です。

前回の話では、アークとアリアンは人間とエルフに何が起こっているのかを調べようと旅に出ました。エルフの評議会に訴え、許可を得た今、彼らは本格的に真実を突き止めることができます。
アリアンはアークに、自分たちが旅をしている森にはホーンテッドウルフが住んでいるのだが、実は彼らからは婚礼用の美しいヴェールが作れるということを話します。
姉のイビンが婚約していることが明かされ、それ以来、アリアンは愛する姉のために何ができるのか、頭を悩ませていたのです。

旅の途中、彼らはホーンテッドウルフの群れに出くわすのですが、彼らは極度に興奮した様子で襲いかかってきます。アリアンは飛びかかってきた数匹を退治します。
アークは、群れの長を追い詰めることができました。戦っている最中、彼は第2話 「初仕事、少女の願いと忍び寄る影」で戦ったバジリスクに付いていたのと同じ奇妙なブレスレットに気付きます。



アークがブレスレットを認識できたことで、以前から考えていた考えていたある仮説を検証します。獣を殺すのではなく、ブレスレットを狙い、これを見事に破壊しました。
すると、狼の長は後退し、群れの生存者のメンバーを引き連れ、消え去ります。その後、アークがポンタを追っていると、ユリアーナ姫、お供のフェルナ嬢㊟、護衛を襲った未知の襲撃者の一団に出くわします。
一行と戦っていると、ホーンテッドウルフの長が思わぬ味方になり、その群れを引き連れて戻ってきて、アークが男たちを倒すのを手伝ってくれました。

狼がアークを助けたということは、獣たちは操られていることを自覚しているが、それを止めることができないということです。
彼らがブレスレットの呪縛から解放してくれたアークに感謝した事は、物語に大きな意味を持たらすかもしれません。
操られていた獣が仮にもっといたとして、アークが彼らを一匹一匹解放していけば、その数かなりの軍団になる可能性があります。すでに霊獣に勝利しているので、この獣たちにも勝利する可能性が高いからです。

魔獣コントロールのブレスレットは人間の貴族が背後にいるかもしれないし、主人公らが遭遇し続ける奇妙な若い忍者と関係があるのかもしれません。
アークの発見により、旅人たちは、本来の居場所ではない場所に置かれた魔獣たちに襲われていることが明らかになりました。
バジリスクがその土地に生息していないように、アークが森で出会った狼も、少なくとも白昼堂々人間を襲うようなことはしません。
このような襲撃はランダムではなく、何か大きな秘密を隠すために魔獣たちが配置されているというのが有力な説で、その秘密は今後のエピソードで明かされることになりそうです。

 

日本アニメカテゴリの最新記事