サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

このまま終わるわけがないですよね。『トモダチゲーム』第11話は、これまでの最高のエピソードに匹敵します。

このまま終わるわけがないですよね。『トモダチゲーム』第11話は、これまでの最高のエピソードに匹敵します。


友一はどうやってこの場を切り抜けることができたのでしょうか? このレビューで確かめましょう。

『トモダチゲーム』 第11話 概要

『トモダチゲーム』(英語名:Friends Game)は、心理戦略アニメで、複数のキャラクターが対戦し、誰か一人が他の誰よりも長く生き残る事を目指す「デスゲーム」ジャンルに属するアニメです。
原作は山口 ミコト、作画は佐藤 友生のマンガ作品です。この回の放送は、『トモダチゲーム』第11話 とも呼ばれています。

アニメ制作は、『俺だけ入れる隠しダンジョン』と『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』の2作品しかシーズンアニメの実績がないスタジオ「オクロトノボル」によって制作されたものです。
監督は『黒執事』や『はたらく細胞!!』などの有名な作品に参加経験のある小倉 宏文氏が務めています。前回のレビューはこちらからご覧いただけます。

ー フレンズゲーム11話レビューにはネタバレが含まれていません ー

トモダチゲーム 第11話レビュー~A Sign Of Life

まず最初に、このアニメは前回のエピソードで見せたクオリティを完璧に維持することができました。エンディングが近づくにつれ、この作品の秘めた可能性を見ることができ、他の多くの回では良さが消え去ってしまう事もあったけれど、11話では最高の品質を披露できたことは素晴らしいことです。
盛り上がるまでにかなり時間がかかりましたが、とにかく盛り上がったのは事実です。特にこのエピソードでは、小さなディテールや明白な事実をすべて1つにして、物語を完全に理解できるようにしたもので、これは驚異的にまとまりのあるストーリーテリングの例として、どこへ出しても恥ずかしくないほどです。

前回は、「キャプテン」が友一を殴るシーンで幕を閉じましたが、これは視聴者にゲームの結末を信じさせるための演出でした。信じられないかもしれませんが、実際起った事はその予想とは全く別物だったのです。オープニングテーマが流れる前の最初の1分間で、番組は3つのひねり(そう、私は戻って数え直しました)を与え、全ての状況をひっくり返したのです。
それだけでなく、その解決策はとてもエレガントでシンプルで、どうして最初からこの計画だったことに気づかなかったのかと不思議に思うほどでした。友一が何をどのように避けようとしても、必ずこの瞬間に行き着くようになっていたのです。



また、ゲーム終了後も、対戦相手グループの間に築かれた仲間意識やスポーツマンシップが継承され、この物語の(仲間の)結束性というテーマが続いています。それだけでなく、友一は目的のため下劣なことをした後でも、(隠しきれない)その優しさを明らかにすることができたのです。
この第3ゲームでは、友一は冒頭で「何かをする」と言い、それを果たせなかったのは、友一の実力というより、対戦相手の力関係を物語っています。”トモダチ”ゲームというアニメですからね結局のところ。友情は少なくとも何度か頂点に立つものなのです。

しかしながら、主人公チームの苦闘はまだ終わっていません。というのも、第3ゲームに参加しなかった他の3人の仲間のことを忘れてしまった方もいるかもしれませんが、彼らはまだ物語の中で大きな役割を担っているのです。
ゲームを内側から破壊するという友一の脅しは空虚なものではありませんでしたが、自分の考えを外にあからさまに出すだけでもかなりの犠牲を払うことになりそうです。友一に家族はいないけど、いまや”友達”というより大切なものがあるから、そうするのが理想的なのかもしれません。

なんとかシリアスにしようとしているはわかるけど、このアニメは心底、マヌケに見えてしまう描写が多いです。友一が(殺意のこもった)暴力的な脅しの後に、愛のこもったような弱々しい(ネコ)パンチが一発入るのを、他に何と言ったら良いのでしょう? ちなみに、これらはすべて、誰かが彼をモンスターと呼んだ後に起こったことなのです。
もちろん、このアニメの心意気は正しく、このエピソードでは、たくさんの感動的な瞬間がありました。このシナリオで誰を信じればいいのか、まだ完全にはわかっていませんし、物語はまだまだ終わっていませんが、この作品からはもっと多くのものを求めたいし、それがわかっただけでも大きな成果だと思います。

日本アニメカテゴリの最新記事