サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

キツネアニメの背景にある九尾の狐の民間伝承

キツネアニメの背景にある九尾の狐の民間伝承


『NARUTO -ナルト-』『犬夜叉』などのキツネ(が出てくる)アニメで人気の”九尾の狐”にまつわる日本の民俗伝説を紹介します。

キツネアニメは、日本の民話に登場する伝説の九尾の狐を主人公とする人気のサブジャンルです。このカテゴリーは、日本語の「キツネ(狐)」を意味する「Kitsune」にちなんで名づけられました。
アニメが有名な狐の妖怪を普及させ続けるにつれ、多くのファンは、実際の伝説がこの神秘的な霊について何を語っているのか知りたくなっているようです。
ここでは、伝説の九尾の狐とそれが日本の民間伝承で果たす役割について知っておくべき事のすべてを紹介します。

『NARUTO -ナルト-』をはじめとする人気アニメの中には、九尾の狐とその強大な力をテーマとしたものがあります。日本の民間伝承では、これらの狐の妖怪は、変身や火を操るなどの超能力を持っており、人間を騙したり、盗んだり、人間に紛れ込むのに役立つと言われています。
各シリーズで描かれているキツネは異なりますが、いくつかの共通点があり、それはこの神話上の存在が現実に描かれていることに由来しているからです。

日本の伝承では、キツネは年を重ねるごとに強く賢くなり、尻尾も徐々に増えていくとされています。尾の数は年齢と力に直結するため、9本の尾を持つキツネは最も高く評価されます。このように、九尾の狐は非常に大きな力を持っているため、アニメでは最も人気のあるキツネとして描かれています。

彼らを象徴的するシッポと共に、キツネたちは通常はキツネの姿のまま可愛らしく描かれ、人間の姿の時は魅力的に描かれます。『神様はじめました』や『妖狐×僕SS』などのように、彼らは銀色の髪や毛を持つ姿で描かれることが多いです。
人間に変身すると、その魅力的な姿と魅力で周囲を魅了し、誘い込みます。日本の伝承や多くのアニメでは、自分の姿だけでなく、擬態したい人の姿にも変身できる能力を持っています。実際の民間伝説でも、キツネたちがこの能力を使って人間の中に紛れ込み、相手を騙して自分の思い通りにさせるという事を伝えています。



キツネの最も伝説的な能力の1つは、日本の民間伝承で「狐火(きつねび)」として知られています。キツネの妖怪は、ポケモンでナインテールとして知られる火タイプの進化系など、有名なシリーズに代表される、火を操る驚くべき能力を持っています。
また、東洋の伝説の中には、年老いたキツネが「狐火」をさらに進化させた「雷」を発生させ、それを操る能力を持つとするものもあります。

キツネが変身したり、火を操ったりすることはよく知られていますが、日本の民間伝承では、キツネの狡猾さと欺瞞さに注目しています。キツネは感覚を欺き、幻影を作り出す能力があるため、元の伝説ではしばしば悪い評判が立っています。
『犬夜叉』の七宝(しっぽう)は、この能力を「狐妖術」と呼び、変身したり障壁を作ったりするのに役立てています。この奇抜で予測不可能な能力は、敵を混乱させ、気をそらすために陽動を行う一方で、攻撃的というよりは防御的な目的で使用することができるのです。

日本の民話に登場するキツネの古典的な振る舞いは、荒々しく予測不可能なものです。そのため、『NARUTO』の九喇嘛(くらま)のように、危険なほど力が強く、気が狂いそうに怖い存在というイメージがあります。彼らは一般的には、 人間を騙すのが好きないたずら好きで知られていますが、いくつかの伝説では正真正銘の悪者として描かれてるものもあります。
悪の根源とされるにもかかわらず、多くのキツネは、価値があると考える友人には忠実で信頼できるようになっています。民話やアニメでは、キツネは大切な人には完璧な味方になり、敵に対しては危険な存在になります。

アニメでは、日本のキツネに関する民間伝説が最もよくストーリーに登場しますが、九尾の狐の伝説はアジアや東洋の文化圏を通して存在し人気があります。文化によって狐の霊に関する伝承や信仰は異なりますが、それらはメディアで見られる一般的なバージョンと同じような特徴を持っています。
キツネの神秘的で魅惑的な性質を考えると、彼らがアニメの中でこれほど魅力的で人気のあるキャラになったのも不思議ではないです。

日本アニメカテゴリの最新記事