サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

将棋アニメには、ファンの知的好奇心をくすぐる特別な方法がある。

将棋アニメには、ファンの知的好奇心をくすぐる特別な方法がある。


戦略やボードゲームを題材にしたアニメは見落とされがちです。数は少ないが、将棋アニメは絶対に見るべき作品です。

スポーツアニメでは、誰かが自分の限界を超えるという事を見る事が一般的です。将棋は、自身の限界を超えるというコンセプトは同じですが、主人公をエリート棋士と戦わせるという点で異なります。
また、将棋はスポーツではなく、知恵を絞って相手に勝つことを目指すボードゲームです。

将棋はチェスに似た日本の古典的なゲームですが、いくつかの重要な違いがあります。ルールはYouTubeで簡単に学ぶことができ、一度知ってしまえば、アニメをより楽しむことができます。
しかし、将棋(アニメ)を楽しむのに予備知識は必ずしも必要とは言えません。その逆で、ファンは将棋盤に目を向けることなく、登場人物の背景を知るためにアニメを見ることが多いのです。

視聴者は、盤面から潜在的な動きを読み解き、キャラクターがどのように簡単にゲームを逆転させることができるかを知ることができます。登場人物が作戦を説明してくれることも多く、見ている側も見ているだけで頭が良くなったような気分になります。
最終決戦まで見届け、その決勝戦がどうなるかを知る事は、これ以上ない満足感を味わうことができるのです。

将棋を指すキャラクターは、高い知性を持つことで知られています。奈良 シカマルのように、将棋が強いだけでなく、『NARUTO』シリーズでは鋭い戦略家であることが示されています。将棋の棋士の資質を持っていると、冷静沈着に見えるからです。思考や動作が非常にスマートで正確なんです。

将棋を題材にしたアニメは、『3月のライオン』のように、キャラクターが困難な経験を乗り越えていく姿を描くのが得意です。『3月のライオン』は、幼い頃に両親を亡くした桐山 零(きりやま れい)が、著名な将棋棋士である叔父に引き取られる話です。
叔父は自分の子供よりも桐山を優先したため、事態は急速に複雑化していきます。そんな中、桐山は自活のための資金を稼ぎ一人で生活し始める中、どんなことがあっても自分を支えてくれる仲間達に出会います。
将棋の勉強と同時に、成長することで生じる葛藤を乗り越え、人として成長することに焦点を当てた素晴らしいアニメです。



残念ながら、将棋を題材にした有名なタイトルは限られています。『3月のライオン』、『しおんの王』、『りゅうおうのおしごと!』などは、いずれも人気の高いボードゲーム”将棋”を題材にしたものです。
特に『しおんの王』は、カルト的な人気を誇る将棋アニメです。主人公の両親が殺害された後、現場には一枚の将棋の駒以外に証拠は残されていませんでした。このことから、主人公は犯人が将棋を指していたのではないかと考え、将棋を追い求めるようになります。

『りゅうおうのおしごと!』には、複雑に絡み合うさまざまな”思い”があります。”Ryuuou(りゅうおう)”の称号は「竜王」を意味する。将棋界の頂点に立つことができた者だけに与えられる称号です。
その称号を手にした九頭竜 八一(くずりゅう やいち)は、残念ながら(彼のタイトル取得はまぐれと見なされ)将棋界のほとんどの人に認められず、その価値を受け入れてもらえないままでした。そこで八一は、自分の名前に意味を持たせるために動き出します。

しかし、その一方で、雛鶴 あい(ひなつる あい)という少女に「タイトルを取ったら弟子にする」と言ったことを忘れていました。2人の年齢差を考えると、雛鶴は幼いながらも明らかに彼への想いを募らせているのです。
この作品は非常にロリなファンサービスアニメですが、その賛否両論の要素を除けば、将棋ゲーム的な要素は信じられないほどよくできています。

知的好奇心を刺激するアニメとして、『ヒカルの碁』という作品があります。ヒカルの祖父が持っていた碁盤の中に棋士の幽霊がこもっていて、それに触ると幽霊が現れてヒカルに取り憑くという話です。
今は一緒に囲碁の対局ができるようになり、2人の間を行き来しながら、進藤 ヒカル(しんどう ヒカル)はダイヤモンドの原石のような能力を磨いていきます。

いろいろなことを経験したキャラクターが、一つのゲームの中に完全に自分を没頭させる事ができるのは、とても素晴らしいことだと思います。目の前の盤にのみ集中し、その他の雑念が全く入らない状態の事です。
将棋や囲碁、かるたなどのカードゲームを題材にしたボードゲームアニメは、スポーツアニメが好きなら絶対に見るべき作品です。

日本アニメカテゴリの最新記事