サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

『オーバーロード』 第4期 第1話レビュー。世界を打ち負かす王が帰ってきた

『オーバーロード』 第4期 第1話レビュー。世界を打ち負かす王が帰ってきた


アインズ・ウール・ゴウン卿は、『オーバーロード』4期 第1話で、彼の足が触れるものすべてを支配するために戻ってきました。
彼の力から安全な者は誰もいないのです。このレビューで新しいエピソードで何があったかを見てみましょう

『オーバーロード』 第4期 第1話  概要

MMOをベースとした元祖・実力派異世界アニメが、第4期『オーバーロード 』として帰ってきました。
制作は、『DEATH NOTE』『ワンパンマン』『Sonny Boy』などの人気作品とともに、これまでの全シーズンを制作してきたマッドハウスが再び担当します。
この新シーズンは、『オーバーロード4』『オーバーロードIV』とも呼ばれています。

伊藤 尚往氏が再び監督を務めます。彼は『ちはやふる』や『Kanon』など、有名な作品と並んで、『オーバーロード』前期までの全てを手がけたことでも知られています。
原作は丸山 くがね氏、イラストはso-bin氏のライトノベルです。

ーー 『オーバーロード』第4期 第1話レビュー はネタバレを含んでいません ーー

統治する事の困難さ

『オーバーロード』の物語として忘れられがちなのは、究極の孤独とノスタルジーの物語であることです。
モモンガがギルドメンバー全員と別れて、ただ一人ゲームを続けていたことから始まり、誰でもいいからメンバーの一人に連絡を取りたいという思いが、あからさまに表現されることがなくとも、これまでのシーズンで起こったことのほとんどの要因となっているのです。
彼は自分の名前すらギルドの名前(アインズ・ウール・ゴウン)に変え、もしギルドの仲間たちがいたら、彼のしている事を聞きつけ、結果、彼を見つけることができるようにさえしました。

前シーズンの終盤に形成された魔導国は、まさにその証であり、自分がいなかった異世界に溶け込もうとする努力と、何とかして仲間を見つけたいという願いが込められていました。
今回のエピソードでは、モモンが綿密な計画と数え切れないほどの死の末に手に入れたものを把握しようと、人気の少ない王国と冒険者ギルドを見渡してみて、この孤独感をかなり悪化させました。
しかし、ここまで価値がないと見える魔導国も、モモンが何らかの形で価値を与えてくれるはずです。



ここ数年、王国を統治することを題材にしたアニメに奇妙な傾向が見られます。『ログ・ホライズン』や『現実主義勇者の王国再建記』のような作品が、政治は、たとえつまらない部分があったとしても、見ていて楽しいものだと人々に認識させるようになったのです。
何十万人もの人々を管理し、誰からも目をつけられないように王国の安全を守るための細かな作業は、なかなかに興味深いものです。『オーバーロード』の最新シーズンの前半は、この部門(国の統治)でベストを尽くすことに重点を置いており、見事にそれを果たしました。

モモンが自分の崇拝者たちの前で慌てふためくのは今のところ少しも変わっていないし、驚異的な力を持つこと以外のすべてにおいて無能であることも変わってはいません。
彼はまだ一国の立派な指導者ではありませんが、彼の信奉者は皆、彼がそうなるためにいるのです。このエピソードでは、アルベドが、以前やっていた事と違う事は何一つ行っていないにもかかわらず、素晴らしかったです。
マーレとアウラもなかなか楽しかったですし、新シーズンはキャラクターとして彼らにももっと力を入れて欲しいです。各シーズンはモモンの信奉者の一人の物語から始まるというパターンがありますが、今度は彼らの番になりそうです。

マッドハウスが提供するアニメーションはシーズンを重ねるごとに良くなっており、今回も例外ではありません。『オーバーロード』は、表情や細部の表現など、これまで見たこともないほど鮮明できれいに見えます。
通常、この手のシリーズは第1話から判断するのは難しいですが、この作品はその前に確立された遺産があります。このエピソードでは、音楽関係に関しては、あまり多く聞けなかったのが残念です。しかし、それはおそらく長い問題にはならないでしょう。

まとめ

『オーバーロード』第4期 第1話は、モモンとその従者たちの最新の冒険の素晴らしいスタートとなりました。このエピソードはちょうど良い面白さで、これまで支えてきたファンに心地よいノスタルジーを呼び起こすものでした。

日本アニメカテゴリの最新記事