サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

『転生賢者の異世界ライフ 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜』(以下『転生賢者』)のユージはファンタジー世界の『ワンパンマン』

『転生賢者の異世界ライフ 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜』(以下『転生賢者』)のユージはファンタジー世界の『ワンパンマン』


『ワンパンマン』のサイタマのように、ユージはどんな力試しもコミカルに打ち負かすことができます。しかし、彼が偉大な異世界の主人公になるためには、力以上のものが必要でしょう。

ーー 注意  ーー
以下、HIDIVEで配信中の『転生賢者』第3話「強すぎるって意味だった」のネタバレを含みます。

『転生賢者』は、2022年夏アニメシーズンにデビューした全く新しい異世界アニメシリーズで、黒髪でスライムを愛するユージが主役です。
ユージは、ほとんどの点で従来の異世界ヒーローと同じである事が証明されています。つまり彼もまたかなり強力です。しかし、この見慣れた方式を一新し、揺り動かす時間はまだあります。

ユージは、魔物テイマーと賢者のスキルを組み合わせて、敵を恐れない独創的で機知に富んだファイターとなった、複数職業持ちのヒーローです。
実際、第3話で描かれたように、ユージはこのファンタジー世界におけるサイタマ(『ワンパンマン』主人公)のような存在です。
ちなみにサイタマはどんな挑戦者にも(ワンパンチで)あっさり勝ってしまうので、(ヒーローである事に)退屈になってしまった主人公です。しかし、ユージとサイタマには、いくつかの決定的な違いがあります。

第3話では、新しい仲間であるリーサとティナとの冒険が続きます。ユージは、数多くのスライムの仲間と多彩な魔法呪文を駆使した圧倒的な戦闘力で、二人を驚かせます。
リーサとティナは驚きますが、ユージにとってはいつものことであり、彼は冒険者登録試験に参加した時のことを思い返します。その回想シーンでは、ユージをはじめとする冒険者が実技試験を受けるのですが、ユージが全員を圧倒してしまうのです。
試験官をはじめ、受験者たちは、ユージが火の玉の魔法で魔法の岩を消し去ったり、彼の不思議な魔力の大きさを測るための魔法の球を砕いたりするのを見て、衝撃を受けます。誰も今までこんなことを見たことがないからです。



アクションアニメでは、主要キャラクターが強者としての地位を確立するために「力試し」のシーンがよく登場します。『僕のヒーローアカデミア』でも確かにそのようなシーンが使われています。
大ヒットしたアニメ『ワンパンマン』も同様で、序盤ではサイタマとジェノスがヒーロー協会の試験に参加するシーンが描かれています。サイタマはスピード、体力、敏捷性、スタミナなどすべてが神がかっており、皆を驚かせました。
『転生賢者』の試験シーンはそれを思い起こさせるかもしれません。ユージとサイタマは、さりげなくみんなをぶっ飛ばし、そしてそれぞれのシリーズの最強の怪物を相手にもう一度自分の力を証明することができるのです。
ユージとサイタマは隠す何かも、証明しなければならない何かも持っていないので、彼らのキャラクター描写は別の土台が必要なのです。

ユージとサイタマは、それぞれのシリーズの戦闘システムが、(物語開始時点で)完全にマックスに達しており、敗北を喫したり、修行を積んだり、(ヒロアカのように)「プルスウルトラ」で不可能を克服したりして、キャラクターが大きく成長することはまずないでしょう。
出久やナルト、いちごなどのヒーローは、そうした挑戦によって内面も外見も成長しますが、ここ『転生賢者』では違います。
戦闘力が、サイタマと同じようにユージにとってマックスで行き止まりであるなら、これらのキャラクターは対人関係や個人の幸せ、あるいは趣味を見つけたり、より大きな目的に打ち込んだりすることでキャラクターを成長させることができるのです。

サイタマはコメディヒーローとして、強すぎる存在であり、戦闘中の行動ではなく、私生活やセリフで視聴者を楽しませてくれます。それを踏まえれば、『転生賢者』でもユージは同じことをするかもしれませんし、彼のキャラクター描写のためにも、そうならざるを得ないのです。
ユージは機転が利いて自信家かもしれませんが、敵をいとも簡単にやっつけてしまうので、ファイターとしてあまり視聴者を引っ張る力がありません。その代わり、ユージはその性格や友情、そして潜在的な恋愛観で視聴者に好感を持たれる可能性があります。
ユージがヒーローとして記憶に残るのは、戦いそのものではなく戦いの合間の行動だけであり、そこでこの物語で何か意味のあるテーマを探ることができれば、それに越したことはないでしょう。

サイタマは、退屈、絶望、本当の挑戦や目標がないことの空虚さといったテーマを暗に表現していました。ユージはより明るいトーンで同じようなことができます。
この作品に陰鬱な描写は必要ありません。その代わり、バトルにおいて強すぎるユージは、健全な人間関係を築く事や崇高な理想を追い求める事で、自分の異世界人生に意味を与えることができます。そこが本当の意味でのキャラクターの成長だと思います。

日本アニメカテゴリの最新記事