サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

スタジオジブリの『トトロ』は小さな子供向けアニメの第一作目に最適

スタジオジブリの『トトロ』は小さな子供向けアニメの第一作目に最適


スタジオジブリの名作『となりのトトロ』は、子供たちがアニメに夢中になるきっかけとして最適な作品の一つです。

スタジオジブリは、世界で最も有名な日本のアニメスタジオの一つです。宮崎 駿監督の作品には、年配の方がお子さんに紹介できるものがたくさんあります。
しかし、『となりのトトロ』は、子供たちがアニメというメディアを好きになるきっかけとして最適な作品である、というのが衆目の一致した意見です。

『崖の上のポニョ』や『魔女の宅急便』など、子供に最初に見せたい映画は他にもあります。しかし、この名作癒しアニメのストーリーとシンプルさを愛するファンがいる限り、現在でも『となりのトトロ』は他の作品より上位にランクインしているのです。

1988年に日本で公開された『となりのトトロ』は、1993年にアメリカで公開されました。1994年にはFOXビデオ社がVHSビデオで配給しました。
FOXビデオ社が販売権を失った後、ディズニーがこれを取得し、DVDを発売、そのDVDはディズニーの購買サイトで注文することができます。日本では1988年に数々の賞を受賞し、2010年にはエンパイア誌の「世界の映画ベスト100」にもランクインしています。

しかし、なぜ『となりのトトロ』はこれほどまでに愛され、子供たちが見たくなる映画なのでしょうか。物語は、最初はゆっくりと、そして自然に勢いを増して進んでいきます。視聴者は、新しい家に引っ越してきたタツオ一家を見ることで、登場人物に触れます。
草壁タツオと二人の娘、サツキとメイは、母親が退院して元気になることを願い、田舎に引っ越しをすることになりました。



子供たちが新しい家とその周りの世界を探検している間、特定の場所でしか見られない不思議な生き物に出会います。ススワタリは彼らが最初に目にする生き物で、実はこのススワタリは他のジブリ作品とつながっており、子供たちが参照するポイントを持つのに役立つので、このこと自体が、重要です。
家族と近所の人たちとの間には友好的な関係があり、最初はすべてが穏やかでリラックスしているように見えます。

4歳の末娘メイは、父親が大学で教える授業の準備をしている最中に、森に出かけます。その時、白い小さな森の生き物を見つけるのですが、それが後で一番小さなトトロであることがわかります。その後を追って森に入ったメイは、穴の中に落ちてしまい、”大きな太ったトトロ “に出会います。

『となりのトトロ』の物語は、その後からが本番です。素晴らしい風景や光の使い方などを伴い、風変わりで、それでいて華やかに、見るものを引き付けるのです。引っ越しを余儀なくされた後、新しい生活に順応していくというコンセプトは、多くの子供たちに共感してもらえるはずです。
心機一転、新しいスタートです。ですが二人の子供も母親のことが心配になっています。この映画は、最初から最後まで温かい何かに包まれたように感じられ、すべてがうまくいくように思わせてくれます。

幼い頃にこの作品を見せることで、アニメで育った多くのファンが既に知っているアニメの良さを理解させることができます。子どもは大きくなって調べるまで、自分がアニメを見ていることに気づかないこともあるんです。この映画のフォーマットに従うことで、他のメディアも同じように見ることができるようになります。
また、少なくとも一つの作品はすでに好きだとわかっているので、他のジブリ作品を見せるのも簡単です。『となりのトトロ』やその他の作品は、ベテランも初心者もHBO Maxでストリーミング再生が可能です。

 

日本アニメカテゴリの最新記事