サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

『魔女の宅急便』は、時間が経つにつれて、より親しみやすくなっています。

『魔女の宅急便』は、時間が経つにつれて、より親しみやすくなっています。


スタジオジブリの1989年の名作『魔女の宅急便』は心に響く映画です。しかし、そのストーリーは、昨今、さらに共感性と親和性を高めています。

昔の映画を語るというのは、ちょっとした地雷を踏むようなものです。社会的傾向の変化や技術の絶え間ない進歩のために、あなたが好きな古い映画が鑑賞に堪えられないこともあるのです。
しかし、運や先見の明によって、時間が経つにつれて、より重要性を増す映画も稀に存在します。どんな理由であれ、現代的なレンズを通して見ることで、そのメッセージはより強力になり、現在の不安を完璧に語ってくれる–『魔女の宅急便』は、そんな作品のひとつです。

1989年に公開された『魔女の宅急便』は、スタジオジブリがアニメ化し、伝説の監督である宮崎 駿氏が監督を務めました。物語は、修行中の若い魔女キキがコリコの町に引っ越してきて、ホウキを使って荷物を運ぶ「魔女の宅急便」を開業します。
しかし、厄介な用事の後、彼女はもう飛ぶことができず、魔法の力を失いつつあることに気づき、力を取り戻す方法を見つけなければならなくなります。

キキの苦悩ー頑張り過ぎによる燃え尽き症候群 ーは、1989年の時点ですでに親近感を覚えるものでありました。しかし、この映画のメッセージは、副業や趣味の収益化の時代である今日、より一層親近感を抱かせるものです。実際、キキは後者のケーススタディです。
最初は配達の仕事を楽しんでいたのに、すぐに仕事になってしまい、楽しみを奪われてしまうのです。趣味を「楽しいからやる」のではなく、「責任を果たすためにやる」というのは、多くの現代のクリエイターの共感を得られるのではないでしょうか。

このメッセージは、この映画の他の登場人物を通しても示されています。トンボは、飛行船事故で死にかけた後も、空を飛びたい、空飛ぶ機械を作りたいという気持ちが消えませんでした。彼は自分自身に忠実で、自分の願望を受け入れ、情熱を見失うことがなかったからこそ、キキの運命を回避することができたのです。
ウルスラは、自分の感情に気づき、失敗を受け入れ、自分に優しくすることが、人生の最も困難な瞬間に役立つツールであることを示しました。これらのキャラクターが体現し、伝える教訓は、今日でも有効であることを教えてくれます。



『魔女の宅急便』の世界観は、現代の視聴者にも響くでしょう。ストレスや疲れがたまっているとき、引っ越せば問題が解消されると思い、他の土地にロマンを抱きたくなることはよくあることです。しかし、『魔女の宅急便』は、その愚かさを教えてくれます。
コリコの町は美しく、親切な人がたくさんいるのに、キキは燃え尽きてしまうのです。どんなに美しい環境の中でも、自分のしていることが何のためにやっているのかわからなくなることはよくあります。
人は無理をし過ぎると、情熱が抜け落ちてしまうことがあります。そして、そのような問題は、どんなに絵に描いたような風景に変えても解消されるものではありません。

このことが、コミュニティと助言の力についてのこの映画のメッセージをより重要なものにしています。キキは幸運にも自分の家の目の前にコミュニティを持つことができましたが、この映画では、コミュニティの構築は、誰かに宿泊場所を提供したり、単に問題を聞いてあげたりといった、多くの小さな親切に満ちた活動的なプロセスであることが示されています。
キキは自立を目指していますが、この映画は、自立することと、他者からの支援ゼロで過度に自立しようとすることの違いを見事に描き出しています。これは、特に特定の環境で育った人たちにとって、学ぶべき厄介なバランスです。

年月を重ねるごとに、より時代にマッチする作品に出合うのは珍しいことです。映画製作の性質上、映画はその時代と環境の産物であることが多いからです。しかし、『魔女の宅急便』は、スタジオジブリが常に、人々の心に響く物語、キャラクター、設定を生み出し、個人の欲求、夢、不安に語りかける術を持っていたことを示しています。
これが、この映画が時代を超えて愛され続ける理由の一部です。視聴者は美しい村の中をホウキで飛んでいるわけではありませんが、それでもキキの体験を理解するのは簡単です。そして、こうした問題が昨今、より一般的になり、語られるようになるにつれ、この映画もまた、より親近感のあるものになっていくのです。

『魔女の宅急便』は、Netflix、HBO Max、Prime Videoで配信中です。

 

日本アニメカテゴリの最新記事