サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

クランチロール(Crunchyroll)がライトスタッフ(Right Stuf)を買収 – 米国のアニメ消費者に与える影響は?

クランチロール(Crunchyroll)がライトスタッフ(Right Stuf)を買収 – 米国のアニメ消費者に与える影響は?


Crunchyrollが最近発表したRight Stufの買収は、アニメ業界を震撼させました。しかし、この買収は消費者にとって今後どのような意味を持つのでしょうか。

アニメ配信大手のCrunchyrollが、北米でアニメやマンガを販売し、現在№1の販売業者である人気オンライン小売業者Right Stufを買収したというニュースは、アニメ業界とファン界を燃え上がらせています。
この買収がアニメ・マンガ業界に何をもたらすか、そして北米でのアニメ・マンガの成長にどのような影響を与えるかについて、人々は激しく議論しています。

この契約は8月4日に公表されたもので、Crunchyrollがいくらで購入したのか、また契約内容についての詳細は現在のところ明らかにされていません。しかし、この買収にはRight Stufの子会社で配信会社のNozomi Entertainmentが含まれていることが分かっています。
Crunchyrollは、この買収はeコマース製品の提供を増やすためであると述べています。

この合併は、一部のアニメファンを大いに喜ばせています。CrunchyrollがRight Stufのeコマースとロジスティクスのネットワークとフレームワークを獲得したことで、アニメファンはこれまで以上に現物のアニメグッズを入手しやすくなります。
これにより、Crunchyrollの人気アニメのいくつかは、長い間要望されていたDVDやBlu-rayの物理的なリリースを受けることになるかもしれません。また、ファンがお気に入りの作品から(フィギュア)像やポスターなど他の物理的な商品を入手することも容易になります。

最も注目すべきは、Crunchyrollが物理的なマンガを販売することが容易になり、Viz Mediaをはじめとする他の人気マンガ販売会社と競合できるようになることです。
これにより、Crunchyrollは、アニメからマンガ、そしてグッズに至るまで、ライセンスを受けたコンテンツのあらゆる部分を実動販売できるようになり、北米のファンが望むものすべてに一箇所でアクセスできるようになると同時に、より大きな利益を得られるようになり、企業シナジーを高めることができると思われます。

これは、Crunchyrollが年間、より多くの作品をライセンスし、配信することにもつながります。Right Stufは、子会社のNozomi Entertainmentを通じて、ライセンス供与されたアニメの幅広いカタログを持っています。CrunchyrollがRight Stufのライセンスと既存の関係を活用できることは、視聴者に多くの作品を提供することができるようになることを意味しています。
多くのファンにとって、お気に入りのアニメを見るためにいくつものストリーミング配信を契約するのは疲れるので、1つの場所ですべてのアニメを見ることができるのは嬉しいことでしょう。



しかし、一社がアニメ市場を独占してしまうことを心配する声もあります。Right StufとFunimationの合併により、Crunchyrollは北米のアニメ・マンガ市場のかなりの割合を支配しています。これは、消費者の選択肢を奪うものであり、Crunchyrollが他の配信や配信プラットフォームと競争する必要がなくなるため、この選択肢の欠如は大規模な価格上昇につながる可能性があります。
また、競争の欠如は、すでに多くの視聴者を獲得しているCrunchyrollが自己満足に陥り、問題の解決をさぼったり、サービス品質の低下につながったりする可能性があります。

これは、北米のアニメ・マンガ産業の労働者にとっても悪いことです。競争の欠如により賃金が下がり、Crunchyrollに雇用されていない労働者は働く場所を失い、自活のためにこの業界を去らざるを得なくなる可能性があるのです。つまり、時間がたつにつれ、人材が枯渇してしまう可能性があるという事です。

また、Crunchyrollは北米で上映される作品を管理できるため、メディアに対して独自の基準を押し付けることができます。これは、すでに実際起っていることで、Crunchyrollとの合併により、Right Stufはエロティカ(エロアニメ)のセクションを削除し、このカテゴリーですでに商品を注文していたユーザーは、注文を完了するために新しいサイトを使わなければならなくなりました。

このため、Crunchyrollが今後どのようなコンテンツルールを導入するのか、懸念する声もあります。同社が嫌いなアニメやメディアを事実上禁止し、これらの作品が北米に上陸するのを阻止してしまうのではないかというのです。特に、オンラインコンテンツ規則は、時間とともに急速に範囲を広げ、より規制的になっていくという伝統があります。
その結果、人気作品やクリエイティブな作品は、代替の配信手段がなくなったため、アメリカのファンがこれらの作品に全くアクセスできなくなるという可能性がでてきました。

CrunchyrollとRight Stufの合併がアニメ業界にどう影響するか、Crunchyrollが今後どうするつもりなのかは、時間が経ってみないとわからないことです。しかし、今回の買収は、Crunchyrollがその成長に本腰を入れており、業界を揺るがすような大きな動きをするのに十分な資金を持っていることを示しています。
アニメやマンガのファンは、Crunchyrollとその競合他社が今後、さらに大きな動きを見せることを予想して間違いないでしょう。

日本アニメカテゴリの最新記事