サイトを引っ越ししました。新しいURL→https://kaigai-anime.net/

『蛾のいるところ』は、日本の都市の生活を恐ろしく描写している。

『蛾のいるところ』は、日本の都市の生活を恐ろしく描写している。


清家 美佳氏の2001年の短編は、日本の都市に存在する環境と不自然な構造物との間の対立を浮き彫りにしています。

『蛾のいるところ』は2001年に清家 美佳氏が制作した5分間の短編アニメーション作品です。コンクリートで固められた殺風景な団地と自然環境の対立を描いた前衛的なアニメーションです。
この2つの巨大な力の狭間で、中年女性がなすすべもなく座っていると、蛾の大群が彼女の部屋に侵入し、彼女を建物の高いところへ押し上げていきます。

蛾の奇妙な鳴き声以外の台詞がないため、『蛾のいるところ』のメッセージはよくわからないままです。しかし、日本の巨大都市における多くの人々の生活状況や、現代社会が徐々に自然から切り離されていく様子などについて語っているように見えます。
この短編は、灰色の色調、ガラガラという鍋の音、静的な音が、人間の活動がいかに合成的なものになっているかを不穏に思い出させながら、殺伐とした人生の絵を描いています。

『蛾のいるところ』のプロット

一人、不自然なほどじっと座ってテレビを見ている女。しかし、テレビは映画やシチュエーション・コメディなどの番組を流すのではなく、彼女が住んでいるアパートの写真を不気味に送り出しています。
この瞬間、清家氏は観客の注意を、この短編の主題と、悲しい主人公の人生に向けさせようとしているのです。

この建物は、住む人の生気を吸い取るような巨大な存在になってしまったようです。色彩が着いているのは、蛾や土、種や木など自然界に存在するものに限られ、一方、人工物は灰色や漆黒で覆われています。しかし、この部屋の中央に座る女だけは例外です。

生物なので、色彩にあふれ、団地の薄汚れた壁を明るくするはずなのに、彼女は鉛色のパレットに収まったままです。部屋を自由に飛び回る蛾と違って、彼女は建物と一体化し、座りっぱなしの生活を送っています。
自由に飛び回ることができないため、彼女はうつ状態になり、彼女を取り囲む自然の要素に触れることができなくなってしまったのです。



種を植えるとすぐに根を張り、木になり、団地はその太い枝と葉に占拠されます。そして葉はオレンジ色の蛾に次々と変身します。しかし、その光景と音に耐えられず、女は建物の奥深くに引きこもってしまいます。やがて彼女は気持ちを落ち着かせ、建物の底へと降りていきます。

『蛾のいるところ』のラストシーンで、女は窓を開け、残った蛾を外に飛び出させてあげます。蛾が空に向かって飛び立つと、女は再び自分の部屋に一人残ります。女は蛾が引き起こした欲求不満からは解消されましたが、蛾は彼女が他の生物と接触した唯一の形でした。
彼女の運命がどうなるかは描かれていませんが、女は、自分を閉じ込めている灰色の四壁より外側のものとは、それがどんなものであっても繋がることのできない運命にあることを、(作者の)清家は、示唆しているように見えます。

『蛾のいるところ』の核となるメッセージ

『蛾のいるところ』は、私たちの多くがいかに自然から、ひいては自分自身から遠ざかっているかを浮き彫りにしようとするものです。人々は世界を探索するのではなく、むしろ世界から身を隠すことにしたのです。この恐怖のために、多くの人が人生そのものに幻滅し、社会や周囲の自然とのつながりを持てなくなっています。
人々は、快適さに囲まれて引きこもってしまいました。人は、蛾のように、自分自身を解放し、光に向かって進まなければならないのです。

この短編は、最も面白いアニメーション作品ではないかもしれないし、うまく構成された作品でもないかもしれませんが、わずか5分の長さでパンチを効かせ、現代の生活について多くのコメントを提供することに成功しています。
アニメの前衛的な部分に興味がある人なら、『蛾のいるところ』は確かに見る価値があり、見る人は自分の生活の中で自然が果たす役割について考えるきっかけになることでしょう。

日本アニメカテゴリの最新記事